軽井沢 国の重要文化財 旧三笠ホテル

旧三笠ホテル(きゅうみかさホテル)は長野県北佐久郡軽井沢町にある
歴史的建造物。国の重要文化財。三笠ホテルという名称は、敷地前方の愛宕山
が奈良県の三笠山に似ていることから、有島生馬、里見弴、山本直光によって
付けられたといいます。
建物は1905年(明治38年)に竣工した日本人の設計による純西洋風建築で、
また文化人財界人が多く宿泊したことから、「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれていたんだとか 
ネット参照です

c0166666_23415413.jpg


内部は豪華な応接室や寝室など開放されてます。
c0166666_2342957.jpg


照明は全てデザインは統一されてます レトロですね
c0166666_23441983.jpg


細長い上品な窓からはレース越しの柔らかい光が・・・
c0166666_2345661.jpg


c0166666_23472239.jpg


暖炉ですね 奥行きが浅いので火は手前で燃えるのかな~(^^;)
c0166666_23484211.jpg


鮮やかなブルーの椅子が印象的でした 何の為の椅子??
c0166666_23502814.jpg


アベックさんが絵に見入ってました 何の絵だったか・・・
c0166666_2352887.jpg


c0166666_235316.jpg


色々な記念館や文化財が点在しています。
植物園に行けば良かった~~
c0166666_23545981.jpg


見て下さって有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2014-09-09 23:56 | 国内旅行
<< 軽井沢 白糸の滝へ 雲場池で見つけた生き物 >>