長崎県平戸市 日本一の三重塔西教寺

長崎県平戸市にある最教寺は、西の高野山とも呼ばれています
今から1.200年以上も前に弘法大師が唐国から帰ってきた折に
初めて護摩焚きをしたと謂われています。

駐車場に車を止めて意気揚々行くぞ~と思ったら先輩おばさま二人は
上まで大変だから待っていると (また?)と思いましたが仕方ない
運転手のK氏と登る事に・・・

先ず出迎えてくれたのは可愛いアブチロンと柴犬
c0166666_1242328.jpg


c0166666_12422263.jpg


梵鐘櫓
c0166666_1250638.jpg


人の気配は全く無い住職さんに頭を下げてイザ 結構歴史を感じる木製の鳥居
c0166666_12523767.jpg


沢山のお地蔵様に導かれて あ~~何か落ち着く~~
c0166666_12535910.jpg


ず~っと先の階段を登るんだな ワクワクしてきた。
本当はお地蔵様のお顔を撮りたかったけどK氏に気を使ってスルーした(心残りだ~)
c0166666_1255880.jpg


西の高野山と呼ばれるだけあって、境内はとても広く 
どこからどう歩けば良いか、分からず適当に散策しながら上まで登りました
見えました 目的の三重塔
c0166666_133831.jpg


三重塔としては日本でも最大級なのです。(。-ܫ-。)ムフッ♥
結構新しく1989年(平成元年)建立です。
c0166666_1334961.jpg



現在、奥の院には大師の護摩石と坐禅石があるそうです。
c0166666_1354237.jpg


c0166666_136815.jpg


c0166666_136397.jpg




大日如来像
「如来」とは「真理(如)の世界から来た人」のことで,「ほとけ」と同じ意味。
「ほとけ」は,古代インドの言葉であるサンスクリット語の「ブッダ」という音を中国で
「仏陀」という漢字に写し,これが省略されて「仏(ぶつ,ほとけ)」という言葉になりました。
ちなみにブッダとは「悟りを開いた人」という意味。(ネット仏像の基礎知識より)

む・む・難しい 宇宙すべての仏様の起源って意味かな???
c0166666_13163535.jpg


弘法大師様の像とか
c0166666_13175671.jpg


最後にもう一枚 日本最大級の三重塔
c0166666_13192470.jpg


本来の参道は楠が並ぶ長い石段が続く。切妻造の山門を入った正面が入母屋造の本堂です
安永三年(1774)の建築である。本尊は虚空蔵菩薩を拝します。
駐車場の傍から入ったので超近道した感じ( ;∀;)

長々と掲載しましたが(結構抜粋しました)最後までお付き合い下さり有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2015-07-25 13:40 | 国内旅行
<< 長崎県平戸市 平戸城(亀岡城) 長崎県平戸市の幸橋 >>