<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

滋賀県琵琶湖~三井寺へ墓参り

さあ 家族旅行開始!移動手段は8人乗りエスティマに6人でスタート 土日の有料道路¥1000を利用して
日曜日に出発!無駄のない完璧な行程表、ナビがあるけど確認の為にPCで作った目的地から目的地までの詳細なルート地図を持って行きました。
走り出して北九州の義姉を乗せる為八幡で一旦降り、イザ滋賀県へとナビ設定しようとしたら何とナビがオカシイ。初期化したり配線を調べたりと試行錯誤して慌てましたが一向に直らない。
ルート別に地図をを作って行って良かった~~ これが無ければ時間も無駄になり運転手も疲れ
て大変な事になるところでした。

日曜の¥1000だがあまり渋滞はしていなかったが・・・・
c0166666_10554053.jpg


太宰府で事故があり3キロ渋滞、でも車内は賑やかで退屈しない^0^(後部座席から)
c0166666_10595267.jpg


深夜1:00にホテルピアザびわ湖に到着 早朝の窓からの展望 正面
c0166666_1151148.jpg


カメラを目一杯ミギアングルに
c0166666_1155554.jpg


左アングルに うう・・目が回る~
c0166666_1164999.jpg


今回の旅行の目的のひとつは親戚の墓参り、ホテルから15分で菩提寺の三井寺へ・・・
三井寺からの展望 琵琶湖を見下ろして。
c0166666_1113524.jpg


観音堂
天台寺門宗の総本山、三井寺は正式名称を長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)というそうです。
滋賀県大津市、琵琶湖南西の長等山中腹に広大な敷地に建立された大寺。
写真は県指定文化財の観音堂、今から320年まえの江戸時代(元禄二年 1689)に再建されました。
c0166666_12304482.jpg


c0166666_2231092.jpg


毘沙門堂の傍に夏でも紅葉している楓
毘沙門堂の内部は文様などが彩色で描かれていてとっても綺麗だとか、残念ながら外からしか
見ていない。桃山建築の系譜を受け継いでいます。
c0166666_2231481.jpg


県指定文化財の百体堂への階段、
歩くの嫌いな家人も結構楽しそうに散策を楽しんでいました。
c0166666_22385341.jpg


県指定文化財の百体堂
正面中央に三井寺観音堂本尊と同じ如意輪観音像その左右に西国礼所の三十三観
音像を二段に、右には坂東三十三箇所、左には秩父三十四箇所の本尊が安置され、
合わせて百体の観音像を数えられました 百体堂と呼ばれています。 (三井寺HP参考)
c0166666_22471078.jpg


c0166666_2253358.jpg


百体堂前の手水舎
c0166666_2254354.jpg


この階段を上がるとそろばんの玉をあしらった「大津そろばん記念碑」があるそうですが
案内標だけを撮影。 躑躅が満開の時期は綺麗だろうな~
c0166666_230738.jpg


何みてんだろう~^0^
c0166666_2305943.jpg


百体堂参拝終えて階段を下りる家族と友人 下で座って待っているのは同行の運転手さん
c0166666_2362556.jpg


紅葉のグリーンが一枚一枚とっても綺麗でした。
お寺の屋根と相性が良い。
c0166666_239893.jpg


石灯籠が整然と並び後ろの緑と調和している。ここから三重の塔へ
c0166666_2311138.jpg


三重塔・重要文化財
今から約412年前豊臣臣秀吉によって伏見城に移築された大和の比蘇寺の塔を
その3年後の慶長五年に徳川家康が三井寺に寄進したものですって 
どうやって運んだのでしょう。やはり全部解体しなきゃでしょうね。
c0166666_23212252.jpg


梵鐘(弁慶鐘)重要文化財 
山門との争いで弁慶が奪って比叡山へ引き摺り上げたとか。
鐘にはその時のものと思われる傷痕や破目などが残っています。
c0166666_23543917.jpg


金堂西方の霊鐘堂
c0166666_2333183.jpg


鐘付き体験はひとり500円(高い~!!)
c0166666_2334216.jpg


閼伽井屋、三井の霊泉(閼伽井屋内部)
閼伽井屋は金堂西側奥に金堂と接して建っています。
この内部には井泉が湧き、天智・天武・持統天皇の産湯に使われたことが三井寺
の名前の由来になったとか 彩色や壁画が認められ、桧皮葺の屋根は丸いカーブを描いています。
c0166666_2337116.jpg


小さい格子から中を覗くとボコッボコッっと井泉が湧き出す音が聞こえていました。
レンズを。格子に差し入れて撮影
c0166666_23444233.jpg


清め手水舎 とっても古い感じで素敵でした。
c0166666_2347429.jpg


天台大使の像
c0166666_23494146.jpg


有り難う御座いました。次回は比叡山です。
by honokanikaorujp | 2009-06-23 17:33 | 国内旅行 | Comments(0)

雨あがりの野山を歩いて・・・旬を^0^

先日、友人がうちの山に筍採りにやってきました。道案内がてらカメラを提げて行ってきました。
友人二人は筍やツワなどを採るのに夢中 私は待っている間に野の花に遊んで貰いました。
雨に濡れた植物は生き生きとして幸せそうでした。
大好きな時間 野の花は久しぶりヽ(`▽´)/

紫陽花は紫ばかり
c0166666_0402431.jpg


c0166666_041340.jpg


c0166666_0411956.jpg


c0166666_0413786.jpg


c0166666_0415434.jpg


c0166666_042965.jpg


c0166666_0422892.jpg


c0166666_0424290.jpg


c0166666_0425550.jpg


c0166666_043825.jpg


c0166666_0432513.jpg


ヒメジョオン

c0166666_0435368.jpg


c0166666_0441176.jpg


c0166666_0442288.jpg


c0166666_0443594.jpg


c0166666_0445471.jpg


c0166666_045654.jpg


c0166666_0452051.jpg


名前不明

c0166666_046142.jpg


c0166666_0462569.jpg


c0166666_0464237.jpg


c0166666_0465557.jpg


c0166666_0471036.jpg


山ごぼう

c0166666_0473352.jpg


c0166666_0474850.jpg


c0166666_048686.jpg


隣の山 遠景

c0166666_0485924.jpg


覗いて下さり有り難う御座いました。
次回は家族で行った滋賀県~京都~神戸をUPします。
by honokanikaorujp | 2009-06-23 00:52 | 野山の花 | Comments(0)

京都祇園 憧れの京都祇園の川筋を歩きました。

いらっしゃいませ ご訪問有り難うございます。
親友との《京都の旅》は祇園で最後です。
今回からコメント欄を閉めさせて頂きますが覗いて下さるだけで満足です。
今後も自分なりに感じたファインダーという窓からの世界を掲載していきたいと思っております。
思い出したら立ち寄って覗いていって下さいませ。宜しくお願いいたします。
ーーーー。----。----。----。----。----。----。

祇園と名のつく地名は全国に沢山あります。私が知っている小城の祇園 黒崎の祇園などなどですが
京都の祇園とは八坂神社の門前町として栄えた花街なのです。
花街は「はなまち」と一般的には読まれますが祇園では「かがい」と読まれています。
そこには『和』がいっぱいでした。時間がゆっくり流れてとても落ち着く街でした。
c0166666_10572592.jpg


鷺が川の流れの中で餌を探していました。 絶好の被写体ですが
親友のしおりちゃんは動物を撮るのが上手です。
c0166666_10595391.jpg


街のあちらこちらに市民や観光客の休息場がありますが祇園らしく赤い番傘風の
休憩所が良い感じでした。
c0166666_1143396.jpg


c0166666_1154576.jpg


がらり戸を潜れば細長いアプローチ 石畳が落ち着きを醸し出す。
このどんつきが入り口でしょうが覗いてみたい衝動に・・・^0^
c0166666_1173960.jpg


c0166666_11145256.jpg


あ~~!舞子さん見っけ~~!! と思ったら《変身舞子》さんらしい
お化粧して綺麗なだらりを着付けして貰い街を歩く 観光客へのサービスで一万円だとか
他の観光客から一緒に写真をのリクエストを貰ったり道行く人の視線を集めたりとちょっと
有名人気分も味わえる ^0^ 現在祇園の舞子さんは15名しかいないそうです。
あ~~だから滅多に本物に巡り会えないのかも。
c0166666_11294082.jpg


細い路地に《和》ファッションのお店 覗きたい気持ちを抑えて変身舞子さんを追う(笑)
c0166666_11314772.jpg


c0166666_11324527.jpg


c0166666_11333390.jpg


京都の家の路地側には竹の袴みたいな設えがしてありました。
これはなぜ?と思ったのだけど 雨の跳ね上がり防止か積雪で家屋の裾周りが痛むのを防ぐ為かと
あれこれ想像しました。でもこれが素敵で和を醸し出しています。
c0166666_11445157.jpg


祇園白川の巽橋 切り通しが白川と交わるところに掛かる橋。低い木の欄干が小さな橋と調和してなんとも可愛い。祇園散策中でも一番絵になったところ、学生観光が多くてシャッターを押すタイミングが難しかった。
c0166666_11454595.jpg


c0166666_11522623.jpg


今時の中高学生はタクシーで観光周りをするのだそうです。
タクシー運転手さんはガイドも兼業 カメラマンもこなします(笑)
c0166666_1155575.jpg


柳と石畳、竹の袴を履いた家並みが正に京都です。
車も人通りも少ない 落ち着いて散策できた。
c0166666_11582249.jpg


白川沿いに、祇園をこよなく愛した歌人吉井勇の歌碑が・・・・・
「かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕の下を水のながるる」と刻まれています。
毎年11月8日には祇園の舞妓さん、芸子さんが勢揃いして歌碑に手を合わせ献花しての供養祭が
行われますが関係者はお茶やお蕎麦を食します
11:00と14:00と二回行われるとの事。二時間前には場所取り合戦が始まるそうです。
c0166666_121167.jpg


鷺ちゃん まだ居ました。
c0166666_1212829.jpg


c0166666_12124257.jpg


観光客を乗せた人力車が走ってきました お客さんの顔を写さない様に
後ろからパチリ インフルエンザ予防のマスクしてたけど・・・
c0166666_12173565.jpg


手を繋いで観光・・・・^0^
c0166666_12193012.jpg


UPに長く掛かりましたが親友のしおりちゃんとの京都の旅を終わります。
これから丁度1ヶ月後、家族で滋賀県~京都~兵庫を旅しました。
次回はその模様をUPさせて頂きます。 また覗いてね♪♪ ヽ(`▽´)/
by honokanikaorujp | 2009-06-20 12:28 | 国内旅行 | Comments(0)

京都あちらこちら

また行きたいと思った京都

今回初めて観光タクシーを使いましたがちょっと後悔、次回からはバスなどを利用して
自分達のペースで観光した方が良いと 教訓に成りました。

八大神社 永仁2年(1294年)からある、京都一乗寺の氏神さまです。
宮本武蔵が吉岡一門と決闘した当時の”下り松(さがりまつ)”の古木が保存されています。
宮本武蔵像もありましたが中村錦之助主演映画のポスターを撮りました(笑)
c0166666_11573024.jpg


c0166666_11575534.jpg


c0166666_11581128.jpg


c0166666_11582272.jpg


c0166666_11583778.jpg


c0166666_11585018.jpg


c0166666_1159262.jpg


c0166666_11591647.jpg


詩仙堂は家康の家臣、石川丈山が、59歳のときに建立
没するまでの三十数年間を過ごした山荘だそうです。
散策観賞の庭があり庭用のサンダルを履いて自由に散策できました。
本来なら色々なお花が咲く庭の様ですがこの時はあまり見かけませんでした。

c0166666_12232887.jpg


この物見部屋で遠くをみてたのかな~
c0166666_1225377.jpg


和庭園にはやっぱり これが似合う
c0166666_12271310.jpg


鉄線(クレマチス)と竹は相性が良い^0^
c0166666_1229164.jpg


c0166666_1229347.jpg


苔むした庭園は落ち着く
c0166666_12314065.jpg


c0166666_1232051.jpg


c0166666_12331830.jpg


c0166666_12414222.jpg


男性二人をモデルに・・・^0^;
c0166666_12425273.jpg


花の終わった藤棚の下で・・・可愛い
c0166666_12443836.jpg


c0166666_12454297.jpg

by honokanikaorujp | 2009-06-15 13:39 | 国内旅行

♪京都~♪大原三千院~恋に疲れたおんなが~~♪

懐メロの歌で大原三千院が脳裏にあり、どんなところだろう~って思っていたけど
し~~っとりしてて凄く素敵な所でした。
写真選んでたら沢山になったけど、どれも好きなので・・・(笑)
c0166666_1483570.jpg


c0166666_149153.jpg


c0166666_1493087.jpg


c0166666_1494273.jpg


c0166666_1495436.jpg


c0166666_150996.jpg


c0166666_1503165.jpg


c0166666_151622.jpg


c0166666_1512152.jpg


c0166666_1513279.jpg


c0166666_1514620.jpg


c0166666_1521073.jpg


c0166666_1522621.jpg


c0166666_1523948.jpg


c0166666_1525821.jpg


c0166666_1531335.jpg


c0166666_1551962.jpg


c0166666_1553470.jpg


c0166666_1554657.jpg


c0166666_156110.jpg


c0166666_1562158.jpg

by honokanikaorujp | 2009-06-06 01:58 | 国内旅行