<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

佐賀県鹿島市 祐徳稲荷神社 その②

祐徳稲荷神社の記事に戻ります。

貞享4年今から328年前の(1687年)、鹿島藩主鍋島直朝公の夫人、花山院萬子媛(まんこひめ)により、
朝廷の勅願所であった稲荷大神の分霊を勧請された稲荷神社。本殿、御神楽殿、楼門など主要建物は総漆塗りで「鎮西日光」とも呼ばれている。

勅願所(チョクガンショ)とは・・・調べた~
飢饉とか疫病がはやると、それを鎮めるために、天皇が神様に御願いをして
それらを鎮められると信じられていました。その御願いをする事を「勅願」と言います。
「勅願所」とは、天皇が「勅願」をする神社やお寺のことです。 ですって
萬子媛さまは凄い人なのです!(^^)!

楼門手前の神池の橋から左が本殿 右が神楽殿(神社の祭礼や神楽を奏する所)
c0166666_12364354.jpg


神池には大量の鯉が泳いでいます。水鳥が入らない様にテグスで防御
c0166666_12433330.jpg


鯉の餌50円で買って友人に投げて貰いました。
c0166666_1245222.jpg


やっぱり大きいのは強いです 幅をきかせてました。(@_@)
c0166666_12471331.jpg


周りから中堅クラスや子供たちも一斉に集まってきました。
c0166666_12482182.jpg


大御所たちは大体体長 50~60㎝
これはボスかも 黄金に光っています 口も大きい~
餌1袋では足りません チビさん達にもあげたいので追加して・・・
c0166666_12523417.jpg


あっはっは大漁大漁 結局 5袋も買った~
友人曰く(キリが無いよ 幾らでも食べるよ 馬鹿やね~)って
ほんなこて 馬鹿ばい ほれほれ( ^^) _食べろ~食べろ~~
でも 自分の気が済んだけん 良かとよ~
c0166666_12591496.jpg



神社の写真より恋 違った鯉の写真になってしまいました(笑)
次回はマジメに神社 載せま~す
最後まで有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-26 13:05 | 佐賀県見どころ | Comments(26)

田んぼのあぜ道の花 その②

前回と同じくお花の名前は自信有りません。
ご存じの方居られましたら遠慮なく教えて下さい。

NO1、早速ですが菊科でしょうけど 名前不明 白に近い薄紫色です。
c0166666_212138.jpg


NO2、オナモミ?  くっつき虫です^0^
c0166666_2134979.jpg


NO3 ヨモギ さっきまで分からなかったけど ばんばさんが似たお花UP
    されてたのでカンニング(笑) 似てるけど~違うかな~
    でも ヨモギってこんなに背が高かったっけ?
c0166666_220618.jpg


NO4 これは全然分かりません 葉っぱが可愛かったので写しました。
    何の葉っぱでしょうね~?? ハ~~ト??
c0166666_222226.jpg


NO5 イヌホウズキ ナス科らしい 実を見てみたいな~
    ネコジャラシ(エノコログサ)と共演 
c0166666_2272617.jpg


NO6 オオジシバリ? 自信ない~~
c0166666_229769.jpg


NO7 彼岸花終演 パっと咲いてパっと散りよう~
c0166666_2315564.jpg


NO8 キツネノマゴ 狐の孫ってこんなに可愛いのね~
c0166666_2354981.jpg


NO9 ご存じセイタカアワダチソウ  セイタカ。。。は害草では有りません
c0166666_2392699.jpg


NO10 セイタカ もう一枚 結構近くで見るとお花が可愛い
c0166666_2413520.jpg


NO11 タカサブロウ キク科
c0166666_243721.jpg


NO12 ノゲシ    で良いのかな?
c0166666_247922.jpg


NO13 最後ですが 名前が分かりません サヤマメが下がっています 何の豆かしら~
c0166666_2484594.jpg


これで田んぼの野花を終わります。
最後まで見て下さり有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-21 07:00 | 花・植物 | Comments(20)

田んぼのあぜ道の花 その①

銀杏洗っている間 田圃のあぜ道に咲いていた野草を撮ってみました。
お花の名前はあまり知りませんが一生懸命調べたり皆さまのブログで覚えた名も2~3有りますが
それでも分からないものが有ります。名前を入れていても自信が有りません。

もし 違っていたり 名無しがあれば教えて下さい。
答え頂き易い様にNoを付けました。宜しくお願い致します。

No1、稲穂 アッハッハこんなんまで撮りました。^0^
c0166666_1703246.jpg


No2 アメリカセンダングサ
c0166666_172246.jpg


No3 上と似てるけど枝の色が違うから何でしょう?
c0166666_1734886.jpg


No4 不明 逆光なので分かりにくいでしょうね~黄色い花です。
c0166666_1745079.jpg


No5 イヌタデ別名アカマンマ これは皆さんのブログで覚えました。
c0166666_1774775.jpg

No6
c0166666_178779.jpg


No7 ギシギシかスイバか 他の名かな~ちょっとキモイ
c0166666_17115716.jpg


No8 はてな イヌビエ? これは全然違うっぽいです これも逆光でスミマセン
c0166666_17135366.jpg



野の花 野草 次回まで続きます
この度も見て下さって有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-17 17:16 | 野山の花 | Comments(18)

銀杏洗う川のまわり360度

家族が銀杏を洗っている間、記録係は付近の写真を・・・(;'∀')
立っている位置からグルリと360度撮ってみました。
特徴無いけど広々とした田圃風景です。
c0166666_224948.jpg


川から左まわりです。娘が立ってました。
c0166666_2252173.jpg


少し左へ広角で・・・後ろの低い山の名は知りません^0^;
c0166666_2262429.jpg


長崎と言う都会に居る友人は此処をムーミン谷だと言います(笑)
ほのぼのとして癒されるんだそうです。
c0166666_2282918.jpg


稲刈りはまだです 裏のじいちゃんの田圃です。後ろに見えるのはアンテナ塔です。
c0166666_2217579.jpg


その下の建物はJA倉庫やJA支所Aコープなど、信用金庫 病院、薬局 神社、お寺
駅(無人) 郵便局 電気屋 自動車会社 消防署、ガソリンスタンド コンビニ
など生活に必要な全てが有ります
c0166666_22521289.jpg


1枚目の写真の真後ろです 車の右の電柱は川のポンプの電源盤です。
左には娘が作業を見守っています。この後娘も作業に参加。
私は降りると叱られるのであくまでも記録係~~!(^^)!
c0166666_2236882.jpg


ポンプの電源盤 梯子と踊り場は主人が作製
c0166666_22471174.jpg


電源盤の下に草に埋もれたポンプが・・・田圃に水を汲み上げます。
c0166666_2242260.jpg


この設備で汲み上げる水量の調節をするんだと聞いた感じがする。
c0166666_22455031.jpg


黄色い一両電車が通過 1時間に1本の貴重なタイミング(笑)
c0166666_22571096.jpg


英語でイエロー ワン マン ディーゼル カー と書いて有った。
c0166666_22584470.jpg


踏切です。 ここは単線 駅で離合停車をします。
c0166666_2313297.jpg


本日のご訪問に感謝致しております。
by honokanikaorujp | 2015-10-14 23:11 | 行事・生活・その他 | Comments(18)

銀杏拾いと仕上げ H27年

祐徳稲荷神社 その② を急きょ一休みして
今日 10日前に拾った銀杏を、主人と娘夫婦と私の4人で川に洗いに行ったので
時季を逃す前にUPしました。

10日前です 裏のじいちゃんが お~い銀杏丁度よかば~い(拾い頃って意味)
と お知らせが有ったので4人で行きました。
土で汚れない様にじいちゃんがビニールを敷いてくれてます。
c0166666_0535627.jpg


水に付けて実の部分を腐らせます これが10日目メッチャ匂う~~(≧◇≦)
コンテナに3杯位有りました。今年は豊作です でも遠慮しました(笑)
c0166666_0562399.jpg


川に持って行く為トラックに積み込んでいます。
c0166666_1495225.jpg


川に到着~土手から川までがちょっと高い
主人が作ったステンレスの梯子を完備してます。銀杏を降ろすのに婿どんが頑張ってくれました。
c0166666_194252.jpg


川の堰から流れる水を利用してコンテナに入れた銀杏をグッチャグッチャと踏みます
こうして種から実を剥がします。黄色い実がドンドン剥がされ流れて行きます。
これらは雑魚たちが食べてくれますので川は汚れません。
c0166666_1134580.jpg


c0166666_1144476.jpg


まだ降ろす銀杏が有るので主人が行きます。私は降りるのは禁止されていますので
カメラを持って記録係です。いつもの事ながら楽ちん~( *´艸`)
c0166666_118033.jpg


実が剝がれ種になったので粗方ここで洗って持って帰ります。
娘が下りて洗うのを手伝い出しました。
c0166666_1255239.jpg


c0166666_127684.jpg


この頃から私は野花でも撮ろうかとぶらぶらお散歩です(笑)
だって~する事無いし~ 降りようとしたら危ないから来るな!って叱られるし~~(≧◇≦)
c0166666_1273455.jpg


川から戻って自宅で仕上げです。これからは私も手袋はめて手伝いました。^0^
c0166666_1293089.jpg


さあ 出来上がり綺麗に成りました。匂いもあまりしません。
c0166666_1303547.jpg


魚を干す三段網に入れて乾燥させます。婿どんがやってます。
c0166666_1322461.jpg


この網を三個吊るしました。1年分の銀杏出来上がり~ 
銀杏ご飯 煎り銀杏 茶碗蒸し 天婦羅 などなど 色々な料理に活躍します
c0166666_1352411.jpg


この後 道具や長靴などを洗って終了~~
そして、みなそれぞれお風呂に入り身を清めました。
沢山の写真でしたが最後まで見て下さり有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-12 01:53 | 行事・生活・その他 | Comments(26)

佐賀県鹿島市 祐徳稲荷神社

プチ旅の二日目は祐徳稲荷神社
友人が鹿島市の太良道の駅で白石蓮根を買いたいと言ってきたのでホテルをAM10時にチェックアウトしてそのまま来た道を・・・(道は1本しかないので) 残念ながら白石蓮根はまだ時期が早いのか全然なかった(≧◇≦)

道の駅から15分走って昨日行く筈だった祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)へ向かいました。駐車場は平日なのでよゆう~~
↓は神社前の幅広い川 錦波川です 結構幅広い川です。
c0166666_1644212.jpg


橋の上で・・・足が長い友人^0^ 橋の名は神橋
c0166666_16482975.jpg
 

狛犬ならぬ狛狐 お稲荷さんだからね~(;'∀') 何か咥えていますが稲穂か 母子草かな~
c0166666_16503230.jpg


前足の間には子ぎつねが・・・母狐を見上げています。逆光なので分かりにくいですね。
c0166666_16534477.jpg


手水舎です。
c0166666_1765241.jpg


友人、神妙な顔でお清め・・・・撮られているを知りません!(^^)!
c0166666_1712254.jpg


ひときわ豪華な楼門(隋神門)左右の金網の中には・・・・
c0166666_1824174.jpg


楼門でご社殿を守る隋神。弓を持った二体の隋神様は有田焼 さすが佐賀県です。
随神はお寺で言う、阿吽の金剛力士像のようなものです。
口が開いている方を阿形(あぎょう)、
c0166666_18363598.jpg


金網越しにアップで撮りました なんか近すぎてちょっと怖い~
口を閉じている方を吽形(うんぎょう)
c0166666_18394391.jpg


楼門前の朱塗りの太鼓橋が架かった神池には凄い量の鯉が泳いでいます。
c0166666_18455411.jpg


写真が多くなりそうですので次回に続きます^0^
本日もご訪問下さり有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-07 18:58 | 佐賀県見どころ | Comments(24)

佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その③ すりあげ戸

すりあげ戸

ぜんざいを食べた後、友人が店内に飾ってある御ひつを見つけ
若い店員さんに色々話しかけていました。店員さんは詳しく知らなかったのか
奥からご主人を呼んできました。光武酒造の何代目かでしょう
御ひつを手に持って説明していました。
c0166666_0274658.jpg


私は御ひつにはあまり興味は無く 土間に降りながら天井からクサリとフックで
吊ってある戸を見て え!!天井に戸? を見つけご主人に『これは何ですか?』と聞くと
それは《すりあげ戸です》 「え~~!これがすりあげ戸?」と驚いていたら使って見せてくれました。 
この時何故、すりあげ戸を知っていたかは後ほど・・・

「わ~~!ちょっと待って写真に撮りたいから もう一回下ろしてみせて~」
『良いですよ』 と気持ち良く再現 手を上に上げて重たい戸の裾を降ろそうとした時
「ちょっと ちょっとそのまま 待ってて~フラッシュ起こして無かった~」
( ;∀;) で、ご主人 そのまま待機(笑)
c0166666_0295466.jpg


良いですか~「撮れましたか~?下げますよ~」
『はい 撮れました~』 腰の当たりまで下した時
「社長~~こっち向いて~ニッコリ笑って~ブログに載せてもい~ですか~」
『えっ はい 良いですよ イイ男に撮って下さいね~』 
「はい 了解それなりにですよ~ そのまま そのまま じっとして~」  
重たそう~(爆)
友人が 《はよ~撮らんと重たかよ~》 佐賀弁です(笑)
c0166666_0311730.jpg


はい 完了 
上げた時に前面が全体的に大きく開口できるため、商家の表構えに使われたそうです。
商屋出入り口では身を屈めて出入りするんですと説明されました。
c0166666_033173.jpg


右下に友人の手が・・・ご主人に何か言ってます。
c0166666_0332799.jpg


継場の観光案内所で(すりあげ戸)の名前 黄色矢印⇒ があったのを
その時は???って思っただけで良く分からなかったけど
へ~~~これの事なんだ~~と納得 初めて見た戸の仕掛けに感激^0^

下の写真がそうです《風輪》さんの前の継場で撮っていたすりあげ戸の名前
うむうむ 何でも撮っておく事だ と自分を褒めていました。
c0166666_035659.jpg


丁度上り口には手作りのタペストリーや提げもんがスダレに飾ってありました。
南瓜や蒲萄、椎茸や栗の様です 秋のものですね~可愛い~
c0166666_0354532.jpg


杉玉 店内から逆光の杉玉が目を引きました
杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせるんだそうです。吊るしたばかりの杉玉は
杉の葉がまだ青々してますが、時間経過と共に枯れて茶色になります。
新酒が熟成してきましたよって事でしょうね。

この先は改装している酒蔵や古民家が数軒ありました。

c0166666_0372886.jpg


今回もご訪問下さり有難う御座いました。


by honokanikaorujp | 2015-10-04 00:48 | 佐賀県見どころ | Comments(22)