樫原湿原(かしばるしつげん)の野花 その③

今まで気が付かなかったのかも知れませんが樫原湿原には沢山の初めて見る野草に出会いました。
前回の投稿から4日目で数種類の名前が分かりました。

マメズタ(豆蔦) ウラボシ科マメヅタ属
6/30の見返りの滝 遊歩道でも同じ蔦が有りましたが今回やっと名前が分かりました。
細長くて へら形の立ち上がった葉は胞子葉
c0166666_1174778.jpg


野薊の冠毛
枯れてボロボロになっていましたが どうしても気になって
ファインダーを覗いたらとても素敵な綿毛だったのでパチリしました。
綿毛を沢山検索して辿り着いたのは 野薊の冠毛でした まさか薊とは(^^;)
c0166666_1232874.jpg


今回は花が終わって実を結んだ野草が多いですが でも可愛いです
アブラガヤ 単子葉植物カヤツリグサ科ホタルイ属です
北海道から九州の湿地帯に多く生えています。
c0166666_1325882.jpg


アブラガヤと一緒に絡んでいるのは トダシバ
イネ科トダシバ属 北海道から九州の日当たりの良い山野に生えます。
c0166666_1372913.jpg


コチジミザサ イネ科チヂミザサ属
本州~九州の山野の林内に生える。 面白い形をしてるな~
c0166666_1401671.jpg


ツルリンドウ リンドウ科 ツルリンドウ属
ツルリンドウは日本全国に分布する多年生のつる植物。
秋の到来を思わせる可憐な花です 実は真っ赤で可愛い。
c0166666_1455345.jpg


ツリガネニンジン キキョウ科 ツリガネニンジン属 多年草
春の若芽は山菜として親しまれ 太い根茎は生薬で沙参(しゃじん)といい、
鎮咳、去痰などの薬効があるんですって^0^
c0166666_1484451.jpg


ツルタケ(カバイロツルタケ) 鉄砲玉さんに教えて頂きました。
(テングタケ科 テングタケ属)
毒きのこの多いテングタケ属の中では数少ない食用きのこのひとつ。
しかし、毒のあるものとよく似たきのこなので注意が必要
でも これに毒が有ればハエも止まらないな~(^^;)
傘は二つに割けていました。
c0166666_154515.jpg


c0166666_155960.jpg


本日も覗いて下さり有難う御座いました。(*^_^*)
by honokanikaorujp | 2014-09-27 06:00 | 花・植物
<< 樫原湿原(かしばるしつげん)の... 樫原湿原(かしばるしつげん)の... >>