七山村の観音の滝・・・その③

観音の滝の歴史は古く、大寶2(702)年に堂宇が建立され、ご本尊に
「聖観世音菩薩(しょうかんぜのんぼさつ)」が安置されたことが始まりと伝えられています。
観音の滝遊歩道の案内図に沿って歩いて行くと、聖観世音菩薩が安置された観音堂がありました
お堂は撮影しませんでしたが代わりに清めの手水に釘付けに苔がビッシリ。
c0166666_1637845.jpg


清め手水舎と観音堂は滝見の高台にあります。
一緒に行った仲間が立っている後方がお堂になります。
c0166666_171636.jpg


観音の滝は古くから眼病平癒にご利益があると伝えられています
豊臣秀吉が唐津に名護屋城を築き朝鮮出兵の拠点としていた頃、
秀吉は松浦(今の唐津市)一の美女、広沢局(ひろさわのつぼね)を側室に迎えていました。
元禄元(1592)年に広沢局は目を患い、苦しんでいたところ観音の滝を訪れ、
滝の水で目を洗ったところ、目の病が治ったといわれています。
以来、観音の滝が眼病平癒に良いことが広まりました。
平成7(1994)年に「広沢局開眼四百周年記念」として、広沢局の像が観音堂の近くに
造られました。
c0166666_16451855.jpg


観音の滝から数百メートル先の観音大橋に向かって遊歩道を歩きました。
登ったり下りたり木が生い茂って暗い森を抜けたりしました。
c0166666_16503971.jpg


森の中から見た渓流
c0166666_16512896.jpg


陽が差さない場所から見たモミジ
c0166666_16525781.jpg


明るい場所に出ました
c0166666_16533874.jpg


此処は涼しくて彼岸花はまだ綺麗です。
c0166666_16551526.jpg


サトイモ科テンナンショウ属
マムシ草の実かなと思いましたがテンナンショウ属は幾種が多いので同定が難しい。
c0166666_1703752.jpg


やっと観音大橋に到着 上まで登るまでに足がパンパン(>_<)
完成:2002年(平成14年)10月(鉄筋コンクリート)アーチ橋
c0166666_1715918.jpg


「観音の滝」の下流に架っています。この橋から観音の滝の全貌が良く見えます。
滝の遠景を撮影するのは最高のスポットです。
c0166666_17105689.jpg


観音大橋から見た観音の滝 絶景~~(*^_^*) 目一杯望遠で撮影
遊歩道が見えますでしょうか あそこをず~と歩いてきました。
滝見台を過ぎてからは足下は難所です。そうそう仲間が一人カメラを持ったまま転びました。
みんなの第一声 あ~カメラは大丈夫~~でした(爆笑) 冗談 本人も怪我は有りませんでした。
c0166666_17211817.jpg


最後に秋の訪れです ちょっと遊んでみました。^0^
c0166666_17221364.jpg


一気に掲載しましたが 長々と見て下さって有難う御座いました。
観音の滝は終りです。
by honokanikaorujp | 2014-10-29 08:00 | 佐賀県見どころ
<< 自家栽培の椎茸 数日お休みします。 >>