長崎県平戸市生月島 塩俵の断崖

生月島での二番目の目的は 塩俵の断崖 です。
c0166666_17183637.jpg


塩俵の断崖は玄海灘の荒波に洗われてできた、亀の甲模様の玄武岩の柱状節理の絶壁です
c0166666_17201989.jpg


生月島西海岸を代表する景勝地です。
c0166666_17212029.jpg


この柱状節理は約2500万年前にできた溶岩台地で、 玄武岩の柱はほぼ垂直で、
さらに水平に亀裂が生じて俵が重なった様に見えるそうです。
c0166666_17242551.jpg


塩俵の断崖の柱状節理は、南北に約500m の長さがあり、海面からの高さも20m の絶壁です。
c0166666_17263517.jpg


写真を写したところは展望台 塩俵いこいの広場 です。
薊の花がところどころに咲き、蜂も花粉集めに一生懸命です。
c0166666_17292691.jpg


綿毛になって旅立ち準備
c0166666_17321732.jpg


この綿毛は? ススキの綿毛?
c0166666_17325816.jpg


ここから次の目的地 大バエ灯台まで 3.3Km の遊歩道もあります。

c0166666_17345272.jpg


生月島では大バエ灯台とならぶ観光地です。ちょっと分かりにくい案内板
c0166666_17361026.jpg



この度もご訪問有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2015-09-04 18:00 | 国内旅行
<< 長崎県 生月島の大碆鼻(オオバ... 長崎県平戸市生月島 生月大魚籃観音 >>