佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その③ すりあげ戸

すりあげ戸

ぜんざいを食べた後、友人が店内に飾ってある御ひつを見つけ
若い店員さんに色々話しかけていました。店員さんは詳しく知らなかったのか
奥からご主人を呼んできました。光武酒造の何代目かでしょう
御ひつを手に持って説明していました。
c0166666_0274658.jpg


私は御ひつにはあまり興味は無く 土間に降りながら天井からクサリとフックで
吊ってある戸を見て え!!天井に戸? を見つけご主人に『これは何ですか?』と聞くと
それは《すりあげ戸です》 「え~~!これがすりあげ戸?」と驚いていたら使って見せてくれました。 
この時何故、すりあげ戸を知っていたかは後ほど・・・

「わ~~!ちょっと待って写真に撮りたいから もう一回下ろしてみせて~」
『良いですよ』 と気持ち良く再現 手を上に上げて重たい戸の裾を降ろそうとした時
「ちょっと ちょっとそのまま 待ってて~フラッシュ起こして無かった~」
( ;∀;) で、ご主人 そのまま待機(笑)
c0166666_0295466.jpg


良いですか~「撮れましたか~?下げますよ~」
『はい 撮れました~』 腰の当たりまで下した時
「社長~~こっち向いて~ニッコリ笑って~ブログに載せてもい~ですか~」
『えっ はい 良いですよ イイ男に撮って下さいね~』 
「はい 了解それなりにですよ~ そのまま そのまま じっとして~」  
重たそう~(爆)
友人が 《はよ~撮らんと重たかよ~》 佐賀弁です(笑)
c0166666_0311730.jpg


はい 完了 
上げた時に前面が全体的に大きく開口できるため、商家の表構えに使われたそうです。
商屋出入り口では身を屈めて出入りするんですと説明されました。
c0166666_033173.jpg


右下に友人の手が・・・ご主人に何か言ってます。
c0166666_0332799.jpg


継場の観光案内所で(すりあげ戸)の名前 黄色矢印⇒ があったのを
その時は???って思っただけで良く分からなかったけど
へ~~~これの事なんだ~~と納得 初めて見た戸の仕掛けに感激^0^

下の写真がそうです《風輪》さんの前の継場で撮っていたすりあげ戸の名前
うむうむ 何でも撮っておく事だ と自分を褒めていました。
c0166666_035659.jpg


丁度上り口には手作りのタペストリーや提げもんがスダレに飾ってありました。
南瓜や蒲萄、椎茸や栗の様です 秋のものですね~可愛い~
c0166666_0354532.jpg


杉玉 店内から逆光の杉玉が目を引きました
杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせるんだそうです。吊るしたばかりの杉玉は
杉の葉がまだ青々してますが、時間経過と共に枯れて茶色になります。
新酒が熟成してきましたよって事でしょうね。

この先は改装している酒蔵や古民家が数軒ありました。

c0166666_0372886.jpg


今回もご訪問下さり有難う御座いました。


by honokanikaorujp | 2015-10-04 00:48 | 佐賀県見どころ
<< 佐賀県鹿島市 祐徳稲荷神社 佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その② >>