佐賀県鹿島市 祐徳稲荷神社 その②

祐徳稲荷神社の記事に戻ります。

貞享4年今から328年前の(1687年)、鹿島藩主鍋島直朝公の夫人、花山院萬子媛(まんこひめ)により、
朝廷の勅願所であった稲荷大神の分霊を勧請された稲荷神社。本殿、御神楽殿、楼門など主要建物は総漆塗りで「鎮西日光」とも呼ばれている。

勅願所(チョクガンショ)とは・・・調べた~
飢饉とか疫病がはやると、それを鎮めるために、天皇が神様に御願いをして
それらを鎮められると信じられていました。その御願いをする事を「勅願」と言います。
「勅願所」とは、天皇が「勅願」をする神社やお寺のことです。 ですって
萬子媛さまは凄い人なのです!(^^)!

楼門手前の神池の橋から左が本殿 右が神楽殿(神社の祭礼や神楽を奏する所)
c0166666_12364354.jpg


神池には大量の鯉が泳いでいます。水鳥が入らない様にテグスで防御
c0166666_12433330.jpg


鯉の餌50円で買って友人に投げて貰いました。
c0166666_1245222.jpg


やっぱり大きいのは強いです 幅をきかせてました。(@_@)
c0166666_12471331.jpg


周りから中堅クラスや子供たちも一斉に集まってきました。
c0166666_12482182.jpg


大御所たちは大体体長 50~60㎝
これはボスかも 黄金に光っています 口も大きい~
餌1袋では足りません チビさん達にもあげたいので追加して・・・
c0166666_12523417.jpg


あっはっは大漁大漁 結局 5袋も買った~
友人曰く(キリが無いよ 幾らでも食べるよ 馬鹿やね~)って
ほんなこて 馬鹿ばい ほれほれ( ^^) _食べろ~食べろ~~
でも 自分の気が済んだけん 良かとよ~
c0166666_12591496.jpg



神社の写真より恋 違った鯉の写真になってしまいました(笑)
次回はマジメに神社 載せま~す
最後まで有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-10-26 13:05 | 佐賀県見どころ
<< 愛車 suzukiスイフトとs... 田んぼのあぜ道の花 その② >>