カテゴリ: 佐賀県見どころ( 39 )

佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その③ すりあげ戸

すりあげ戸

ぜんざいを食べた後、友人が店内に飾ってある御ひつを見つけ
若い店員さんに色々話しかけていました。店員さんは詳しく知らなかったのか
奥からご主人を呼んできました。光武酒造の何代目かでしょう
御ひつを手に持って説明していました。
c0166666_0274658.jpg


私は御ひつにはあまり興味は無く 土間に降りながら天井からクサリとフックで
吊ってある戸を見て え!!天井に戸? を見つけご主人に『これは何ですか?』と聞くと
それは《すりあげ戸です》 「え~~!これがすりあげ戸?」と驚いていたら使って見せてくれました。 
この時何故、すりあげ戸を知っていたかは後ほど・・・

「わ~~!ちょっと待って写真に撮りたいから もう一回下ろしてみせて~」
『良いですよ』 と気持ち良く再現 手を上に上げて重たい戸の裾を降ろそうとした時
「ちょっと ちょっとそのまま 待ってて~フラッシュ起こして無かった~」
( ;∀;) で、ご主人 そのまま待機(笑)
c0166666_0295466.jpg


良いですか~「撮れましたか~?下げますよ~」
『はい 撮れました~』 腰の当たりまで下した時
「社長~~こっち向いて~ニッコリ笑って~ブログに載せてもい~ですか~」
『えっ はい 良いですよ イイ男に撮って下さいね~』 
「はい 了解それなりにですよ~ そのまま そのまま じっとして~」  
重たそう~(爆)
友人が 《はよ~撮らんと重たかよ~》 佐賀弁です(笑)
c0166666_0311730.jpg


はい 完了 
上げた時に前面が全体的に大きく開口できるため、商家の表構えに使われたそうです。
商屋出入り口では身を屈めて出入りするんですと説明されました。
c0166666_033173.jpg


右下に友人の手が・・・ご主人に何か言ってます。
c0166666_0332799.jpg


継場の観光案内所で(すりあげ戸)の名前 黄色矢印⇒ があったのを
その時は???って思っただけで良く分からなかったけど
へ~~~これの事なんだ~~と納得 初めて見た戸の仕掛けに感激^0^

下の写真がそうです《風輪》さんの前の継場で撮っていたすりあげ戸の名前
うむうむ 何でも撮っておく事だ と自分を褒めていました。
c0166666_035659.jpg


丁度上り口には手作りのタペストリーや提げもんがスダレに飾ってありました。
南瓜や蒲萄、椎茸や栗の様です 秋のものですね~可愛い~
c0166666_0354532.jpg


杉玉 店内から逆光の杉玉が目を引きました
杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせるんだそうです。吊るしたばかりの杉玉は
杉の葉がまだ青々してますが、時間経過と共に枯れて茶色になります。
新酒が熟成してきましたよって事でしょうね。

この先は改装している酒蔵や古民家が数軒ありました。

c0166666_0372886.jpg


今回もご訪問下さり有難う御座いました。


by honokanikaorujp | 2015-10-04 00:48 | 佐賀県見どころ | Comments(22)

佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その②

どこまで歩くの~~と言ってる友人の前をスタスタ歩いてると
《ぜんざい》の旗見っけ~~
『休憩しよっか~』と言ったら 即【お~良いね~】と嬉しそうな声(笑)
まだ車から降りて100メートル歩いたかな~~( 一一)
c0166666_156033.jpg


光武酒造の別宅

明治につくられた光武酒造の別宅を改装され、現在は喫茶店みたいに一般公開さ
れています。
c0166666_140994.jpg


喫茶・軽食

中に入ると写真素材が一杯で座ってぜんざい食べる暇が勿体ないな~(笑)
若いアベックさんが入ってきました 彼等はハンバーグランチみたい
私たちはお腹も空いてなかったので取り敢えずぜんざいを注文
c0166666_1404512.jpg


店内から外風景
c0166666_1411228.jpg


初めはこのテーブルに座ろうとして ぜんざいだからと奥の座敷に変更(笑)
c0166666_141452.jpg


座敷テーブル
c0166666_142994.jpg


カキ氷削り器
懐かしいカキ氷削り器が骨董品の様に大事に飾られてた。
c0166666_1424553.jpg


これ何だろ~外国のもの
c0166666_14312100.jpg


薄の投げ込み 秋の素材

c0166666_1433656.jpg


座敷から裏を見ました。涼しげな手水鉢
c0166666_144699.jpg


続きは次回に・・・ヽ(^o^)丿
この度もご訪問有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-09-30 01:51 | 佐賀県見どころ | Comments(31)

佐賀県鹿島市 肥前浜宿 その①

佐賀県鹿島市方面へ友人と二人で一泊のプチ旅行です。

ここは「浜中町八本木宿」通称 浜宿の「酒蔵通り」と呼ばれ、
国の重要伝統的建造物群保存地区です。
c0166666_028474.jpg


数台しか止められない無料駐車場前の浜の名水で手を洗ってみました。冷や!!
この方は男性2人で観光されてました。
c0166666_028347.jpg


直ぐ傍に《えべすさん》が・・・
c0166666_0285266.jpg


街並みのどこからが順路か分からず適当に撮りながら歩くことに。
ん? 右下に映っているのは パグ犬の小次郎くん
c0166666_029164.jpg


《えべすさん》が祀ってある継場さん。
c0166666_0294288.jpg


風輪さん前の天然の鍾乳石自然が創り出した彫り物です。
これは何方が彫ったのですか?と聞くと自然の形そのままですって(@_@)すごっ
左隅っこに映っているのは友人のお手手
c0166666_030315.jpg


江戸時代後期から昭和初期にかけての建物が多く、白壁の土蔵造りが並んでいます。
c0166666_0302293.jpg


洋館風なども ここは昔の郵便局。ふむふむ そんな感じがします^0^
浜郵便局跡
c0166666_0304949.jpg


暫く風輪さんで写真を撮らせて頂きました。
c0166666_0312813.jpg


風輪さんの前の継場、入口には馬をつないでいた鉄の輪が残り帳場の跡もあります。
→マークが馬を繋いだ鉄の輪
c0166666_0341279.jpg


現在は修復され肥前浜宿の観光案内所として活用されています。
国の登録有形文化財(建造物)です。
c0166666_17291178.jpg


本日も覗いて下さり有難う御座いました。

by honokanikaorujp | 2015-09-26 00:36 | 佐賀県見どころ | Comments(24)

武雄市三船山楽園の紅葉

長くお休みを頂きましたが体調も快復致しました。
皆様お見舞い有難うございました。

11月の末に三船山楽園へ紅葉散策に出かけました。
11月10日頃が一番見頃だったとかで シーズンは過ぎており全体的に色はくすんでいました。
それでも何とか鮮やかさが残っている所だけ撮影してきました。

以前 初夏に三船山一帯に咲く見事なツツジの写真を掲載しましたが
秋には紅葉も見事です 今回は時期遅れです。
c0166666_14103592.jpg


c0166666_14142886.jpg


庭師の方が池の落ち葉を掬っていました。
c0166666_14144143.jpg


ふりむき坂 なので一応振り向いて見ます( ;∀;)
c0166666_14151724.jpg


振り向いて見たら・・・こんな感じ( *´艸`)
c0166666_1416566.jpg


c0166666_14173815.jpg


茅葺屋根の土産屋さん
c0166666_14181181.jpg


c0166666_14184116.jpg


5月~7月まではツツジの山
c0166666_14193712.jpg


このツツジ群生を登ると五百羅漢さまの洞窟へ通じるが。。。。
c0166666_1421575.jpg


登ったら下ります 膝がガクガク
c0166666_14225215.jpg


到着~んん?五百羅漢さまが減ってる~~( ゚Д゚) なんで?
c0166666_14235950.jpg


c0166666_1425275.jpg


山茶花と若いカップル
c0166666_14253952.jpg


c0166666_1426785.jpg


シーズン過ぎた紅葉ですが訪問下さってありがとうございます。
by honokanikaorujp | 2014-12-11 14:35 | 佐賀県見どころ | Comments(18)

秋に咲くみやき町の向日葵

向日葵と紅葉のコラボレーション

今年久しぶりに《秋に咲くヒマワリ》と紅葉のコラボを見に行ってきました。
(佐賀県三養基郡みやき町)には10月下旬から咲かせているヒマワリ園がありま

休耕田となっている棚田を利用して町興しとして地域の人々の手によって
植えられ管理されているものですが ヒマワリだけでは珍しくない事ですが
園の西側に位置する鷹取山のハゼ紅葉に合わせて開花する様に咲かせています。
時期をずらして種蒔きして咲かせてあるらしく「晩秋のひまわり」や
「冬のひまわり」も見られる様です。
c0166666_9542865.jpg


ヒマワリを主に撮ると紅葉が入りません
c0166666_955927.jpg


ヒマワリがぎりぎり入る様に立ち花を背にして撮影するとハゼ紅葉とのコラボ写真が撮れました。
c0166666_9554890.jpg


鷹取山のハゼ紅葉11月下旬になると山は真っ赤に色づきます。
c0166666_9575228.jpg


今回は写真は少なめです 見に来て下さり有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2014-11-08 10:00 | 佐賀県見どころ | Comments(22)

七山村の観音の滝・・・その③

観音の滝の歴史は古く、大寶2(702)年に堂宇が建立され、ご本尊に
「聖観世音菩薩(しょうかんぜのんぼさつ)」が安置されたことが始まりと伝えられています。
観音の滝遊歩道の案内図に沿って歩いて行くと、聖観世音菩薩が安置された観音堂がありました
お堂は撮影しませんでしたが代わりに清めの手水に釘付けに苔がビッシリ。
c0166666_1637845.jpg


清め手水舎と観音堂は滝見の高台にあります。
一緒に行った仲間が立っている後方がお堂になります。
c0166666_171636.jpg


観音の滝は古くから眼病平癒にご利益があると伝えられています
豊臣秀吉が唐津に名護屋城を築き朝鮮出兵の拠点としていた頃、
秀吉は松浦(今の唐津市)一の美女、広沢局(ひろさわのつぼね)を側室に迎えていました。
元禄元(1592)年に広沢局は目を患い、苦しんでいたところ観音の滝を訪れ、
滝の水で目を洗ったところ、目の病が治ったといわれています。
以来、観音の滝が眼病平癒に良いことが広まりました。
平成7(1994)年に「広沢局開眼四百周年記念」として、広沢局の像が観音堂の近くに
造られました。
c0166666_16451855.jpg


観音の滝から数百メートル先の観音大橋に向かって遊歩道を歩きました。
登ったり下りたり木が生い茂って暗い森を抜けたりしました。
c0166666_16503971.jpg


森の中から見た渓流
c0166666_16512896.jpg


陽が差さない場所から見たモミジ
c0166666_16525781.jpg


明るい場所に出ました
c0166666_16533874.jpg


此処は涼しくて彼岸花はまだ綺麗です。
c0166666_16551526.jpg


サトイモ科テンナンショウ属
マムシ草の実かなと思いましたがテンナンショウ属は幾種が多いので同定が難しい。
c0166666_1703752.jpg


やっと観音大橋に到着 上まで登るまでに足がパンパン(>_<)
完成:2002年(平成14年)10月(鉄筋コンクリート)アーチ橋
c0166666_1715918.jpg


「観音の滝」の下流に架っています。この橋から観音の滝の全貌が良く見えます。
滝の遠景を撮影するのは最高のスポットです。
c0166666_17105689.jpg


観音大橋から見た観音の滝 絶景~~(*^_^*) 目一杯望遠で撮影
遊歩道が見えますでしょうか あそこをず~と歩いてきました。
滝見台を過ぎてからは足下は難所です。そうそう仲間が一人カメラを持ったまま転びました。
みんなの第一声 あ~カメラは大丈夫~~でした(爆笑) 冗談 本人も怪我は有りませんでした。
c0166666_17211817.jpg


最後に秋の訪れです ちょっと遊んでみました。^0^
c0166666_17221364.jpg


一気に掲載しましたが 長々と見て下さって有難う御座いました。
観音の滝は終りです。
by honokanikaorujp | 2014-10-29 08:00 | 佐賀県見どころ | Comments(18)

七山村観音の滝・・・②

観音の滝の遊歩道を登ったり下りたりしながら水の瀬や淵を撮影しました。
木の橋があり ココは滝の上流だったので引き返しました。
c0166666_2362186.jpg


歩く事20分 滝に到着 落差45M 幅10M 立派な観音の滝です。
c0166666_2391849.jpg


一緒に行った仲間が滝の傍から離れません 20分くらい激写していました。
カメラはビショビショかも 私はタオルを被せていました。
c0166666_2414424.jpg


滝を背にして撮った 向こうに見えるのは滝見の広場 そのずっと向こうには
観音の大橋です。
c0166666_243431.jpg


滝から暫く歩き一枚 結構大きな瀬が幾つもあります。
c0166666_2444652.jpg


一番大きな淵です 奥に見えるのが滝見の広場です。
仲間が二人見えます
c0166666_2481139.jpg


滝見の広場からこの大きな淵を撮ってみました。
c0166666_249495.jpg


日本の滝百景の碑
c0166666_2494124.jpg


水遊びが出来る浅い瀬もあります。丁度 家族連れが・・・
c0166666_251546.jpg

by honokanikaorujp | 2014-10-22 07:00 | 佐賀県見どころ | Comments(10)

七山村の観音の滝・・・その①

佐賀県唐津市の七山は標高5百mを超える七つの山に周囲を囲まれています。
その七山の中心地から玉島川の支流である滝川に沿って車で約5分程度坂を登ったところに
観音の滝があります。


樫原湿原を経て最終目的地 観音の滝へ
c0166666_1025692.jpg


途中 温泉施設《ななのゆ》がありました。この日は入浴の予定は無かったのでスルーしましたが
泉質はアルカリ性単純温泉 効能は神経痛、関節痛、慢性消化器病、疲労回復等だそうです
滝を散策した後は良さそうですね
c0166666_10254195.jpg


観音の滝 到着 無料駐車場と総合案内所「多の四季」レストランも有ります
c0166666_10275450.jpg


七山村観音の滝への入口です 幟の旗に手打ち蕎麦夢屋 お!お昼は蕎麦にしようっと
思っていたら閉まっていました(>_<)
c0166666_10333414.jpg


遊歩道までの道程に七福神のお地蔵様が・・・七体全部撮りませんでした。

長寿と幸福の神様、福禄寿
一羽の白鶴を伴う、南極星の化身だと言われた千歳を超える仙人で、
幸福・福徳・財宝・人徳・長寿の神様です。
c0166666_10385236.jpg


大黒天(五穀豊穣・子孫愛育・出世開運・商売繁盛)の神様
大黒さまの頭につけた頭巾は「上を見ない」という謙虚な生き方
また二つの米俵は「二表で満足をする」という、欲を張らない清廉な心を示しているといいます。
c0166666_10432617.jpg


休憩所には日本の滝百選に選ばれた滝の写真と場所が記してありました。
c0166666_10444653.jpg


さあ~~滝だ~と言いたいところですが 写真が多くなるので 滝は次回に掲載しま~す(*^_^*)
今回も見に来て下さり有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2014-10-19 10:47 | 佐賀県見どころ | Comments(10)

小城市清水の滝 清水観音宝地院

清水の滝を見学した後に近辺を散策してみました。
森を抜けると真っ赤な太鼓橋が・・・こう言うのって即カメラを向けてしまうのよね~
c0166666_19253055.jpg


橋を渡ると左に歯の供養塔が何故そこに歯の供養塔があるのか分かりませんが
佐賀県多久市の歯科医師会からの贈碑でした。
ちゃんと歯の形に・・・・(笑)
c0166666_19272597.jpg


登って行くとお寺発見(行くまで知らなかった(笑))
しかし 古さ~~~∑(`∀゚´*)オォ!!!
c0166666_21545572.jpg


清水観音を調べてみると宝地院は、
延暦22年(西暦803)、桓武天皇の「勅願所」として
聖命上人により創建されたと伝えられています。
c0166666_2265093.jpg


■勅願(ちょくがん)を調べました。
「勅願所」とは、天皇が「勅願」をする神社やお寺のことです。
昔、飢饉とか疫病がはやると、それを鎮めるために、天皇が神様に御願いをして
それらを鎮められると信じられていました。
その御願いをする事を「勅願」と言います。

お参りをして来た道を戻ります 前ページの用水路の人工滝です
c0166666_22165214.jpg


駐車場前に《昔なつかしいアイス》に家族連れが 許可を貰って後ろ姿をパチリ
お礼に可愛い女の子にキャラメルをプレゼント(*^_^*)
c0166666_22353310.jpg


この度も覗いて下さり有難う御座いました。
これで佐賀県小城市の清水の滝を終わります。
by honokanikaorujp | 2014-10-14 22:38 | 佐賀県見どころ | Comments(10)

清水の滝(玉すだれの滝)・・・2

清水の滝が見えてきました。
六角形に設えた東屋が有り涼みながら滝の鑑賞が出来る
次回来る時はお弁当持ってこよう~ε3□ヽ(´∀`●)
c0166666_23195565.jpg


全国名水100選の清水川上流にある滝で落差75mの崖を垂直に落ちていました。
c0166666_23282678.jpg


石造りの太鼓橋あって趣き充分だ~
c0166666_2331796.jpg


落差75メートル、幅13メートルの清流が垂直に流れ落ちています。
別名「珠簾(たますだ れ)の滝」とも呼ばれています
どこが玉簾に似てるんだろ~って考えました。
垂直に落ちて時々岩に当たって水に段が付いているから?? (*´・∀・)ホォホォ♪ かな~?
c0166666_2336964.jpg


c0166666_2338506.jpg


c0166666_23394881.jpg


滝の真下まで行ってみました 水しぶきが凄いです。
カメラが濡れるので一枚だけ激写(オーバーね~)
c0166666_2342372.jpg


覗いて下さり有難う御座いました。
by honokanikaorujp | 2014-10-12 23:43 | 佐賀県見どころ | Comments(12)